虫よけスプレーに注意

August 26, 2017

 屋外での遊び、キャンプのときなど虫よけスプレーを使用する方も多いと思います。

 

国民生活センターの行った調査では、「子どもについては約6割が2歳未満から使用していたほか、屋外で遊ぶ際は9割以上が使用していた」との結果が出たそうです。

 

多くの人が手軽に使用している虫よけスプレーですが、使用するときは

よく使用上の注意を確認して使用したほうが良いでしょう。

 

気軽に使えど、中身は薬品です。

 

例えば、虫よけスプレーの成分によく使用されるもので、「ディート」と呼ばれる

化学薬品があります。

 

ディートが開発されたのは、第二次世界大戦の時だそうで、

兵士達が戦う際に、虫除けとして使用していたそうです。

しかし、戦いを終えた兵士達の体には様々な体調の変化があり、

その原因の一つにディートを含む防虫剤が原因とされたのでした。

 

ディートは大量に使用すると神経障害や皮膚炎を起こす可能性があり、

使用上の注意には使用回数も書いてあります。

 

使用する場合は、よく確認したいですね。

 

また、ディートを使用しないハッカ油(ミント)やアロマなどは

虫を殺す効果はありませんが、虫が嫌がる匂いを出すことで虫よけ効果があります。

 

こちらの方が安心ですね。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload