ロゴ横一列黒.png

​軒のある家

最近は、BOXタイプで屋根を見せない造りの家が多く、軒の出の少ない家がずいぶん増えています。
しかし、雨の多い日本で軒の出が無いもしくは少ない家は耐久性に大きな問題があると思います。
長持ちする家に大切なのは、地域の気候風土に適した家を造ることです。
深い軒は、夏の強烈な日差しを防ぎ、室内にはできるだけ直射日光が入らないようになっています。
できるだけ、電気などを使わないような工夫をしながら、夏を涼しく過ごすことができるのです。
また、冬になると太陽高度が低くなるため、冬の日差しは室内に差し込んできて、夏とは反対に室内を暖かくしてくれます。
縁側と深い軒で日差しをコントロールすると同時に、大きな開口を設けることで、日差しを取り入れやすくして冬でも暖かく過ごせるのです。​