​地震に耐える安心・安全施工

​家を建てるにあたって最も大切なことは

安心・安全な家を建てることで、

それは作り手にとっては当たり前のことです。

 

平成16年に起きた「熊本地震」では震度7の地震が

2度も私たちの住む町を襲いました。

突然の激しい揺れに恐怖を感じ、住まいの安全性について

誰もが改めて意識したことでしょう。

 

木造の住宅が全壊している様子などが、

メディアなどで報じられると木造住宅への安全性を

懸念する声も多く聞かれました。

 

しかし、私たちは、単に木造住宅が弱いとは決して思いません。

地震をはじめ、あらゆる災害に耐える施工を

普段からしておくことが大切です。

​災害に強い家

​熊本地震

全壊・半壊「0」の実績

​人命を守る、構造体の強さの条件とは?

​見えない所こそ、念入りに。

地震に負けない強い家にするためには、

垂直にかかる力の重力と、横方向にかかる力の水平力に

強い建物の構造にすることが重要です。

建物そのものの重さを含め、そこに住む人や家具の重さ、

そして地震や台風などの横方向からくる力に

耐えられるものでなければなりません。

 

柱や筋交いなどの骨組みや耐力壁だけでなく、

床や屋根なども含めて建物が一体となって、

地震や台風などの自然災害に対抗できることが

建物の強さに繋がります。

​壁に対して垂直に接している床は、

地震や台風などから生じる

ねじれや曲げに耐えうる抵抗力と、

横方向にかかる力、水平力を耐力壁に

うまく伝える重要な役割があります。

建物にかかる重力を支えているのは、

建物の骨格となる軸組です。

軸組は柱や桁、筋交いなど重要な骨組みとなります。

しかし、地震や台風などの水平力に耐えるには、

柱や筋交いなどなどの軸組だけでは足りません。

 

そこで必要となるのが、耐力壁または耐震壁と

よばれる強い壁「モイス」です。

この耐力壁が間取りに対して、最適な量が使用され、

柱や基礎にしっかりと固定されていることが

強固な構造の条件となります。

ただし、「これだけしていればいい」というわけではなく、

耐力壁をバランスよく配置しないと

建物に強度の差が生じ、

地震の揺れによる"ねじれ"の原因となりますので、

建物の構造についてしっかりと考える必要があります。

moiss_logo_pc.png

​丈夫な基礎をつくる。

「ベタ基礎」

栗石敷き込み

 

基礎工事の際に地盤を固めるために、

下に敷き込む石を「グリ石(割栗石)」と言います。

これは、建物の荷重を基礎から均一に伝えるために敷かれる石で、

不同沈下を防ぐ目的で使います。

 

グリ石は、建物の荷重に十分耐えられるように摩擦力の大きい角ばった

形状の石を用いて現場にもよりますが、

10センチから20センチ程度の大きさの砕石を使います。

 

こうして丈夫なベタ基礎が出来上がるのです。

 

グリ石敷き込みは、弊社のこだわりとして必ず入れています。

転圧

地盤を転圧機械「振動ローラー」によって

​締固め安定した地盤をつくる。

 

鉄筋検査

住宅瑕疵担保責任保険 設計施工基準に​基づいた

厳しい鉄筋検査が行われます。

鉄筋

鉄筋とは、コンクリートを補強するために、

中に芯(しん)として入れる鋼鉄の棒の事です。

コンクリートの中に鉄筋を入れると、

引っ張り力、圧縮力、曲げの

いずれに対しても強い構造体となるのです。

 

また、強いアルカリ性を示すコンクリートには、

鉄筋を錆による劣化から働きもあります。

 

弊社では、主筋の大きさD13mm​

ベース筋D13mm 縦・横のピッチは200角

※一般住宅では、主筋D10mm 

ベース筋D10mmでピッチ300角がほとんどです。

土間コンクリート

防湿シート​を敷き、砕石事業120mm

​ベース生コン打設厚150mm

 

土間コンクリート打設

​天候のいい日和をみて、

内ムラがでないように注意しながらコンクリートを流し込む。

基礎

基礎天端幅150mm​

アンカーボルト数も多めに入れます。

※一般では基礎天端幅は120mmが多い

 

基礎完成

​安定した丈夫な基礎の出来上がりです。

ロゴ横.png