ロゴ横一列黒.png

足裏の感覚​

住環境において、日本と西洋の文化の違いといえば、日本では靴を脱ぐ、西洋では靴を履いたまま住居に入るというものです。
皆さんも家に帰ると裸足になるという方も少なくないのではないでしょうか。
日本は木造住宅が発展した国です。
木造で作られた家は、優れた調湿作用と保温性が高く、暮らす人々に温もりを与えるため、自然と裸足になっていたと考えられます。
最近では靴を脱いで、素足で楽しめる居酒屋も多数出てきています。
これは日本人の深層心理に刻まれた素足の安らぎを喚起させ、リラックス効果を狙ったものだとされています。
昔は、スリッパなどはありませんでした。西欧ではスリッパは寝室のもので、下着と一緒のようなものだそうです。
今、多くの日本人がスリッパを履く理由・・・汚れているから?ベタベタするから?なんとなく?でしょうか。
足の裏の感覚神経は体性感覚(肉体と結びついた感覚)と言って、さまざまな情報を脳に伝えています。
また、足を良く使う生活をしているヒトはそうでない人に比べ海馬(記憶・学習)が発達する傾向もある様です。