ロゴ横一列黒.png

敷地を活かす配置計画

家づくりの中で大切なのは、建物の配置計画です。

そのために、その土地を読み取ることが必要になってきます。たとえば、土地の形状に伴い隣地の建物の位置、窓の位置が重なってしまうとお互いに気まずくなるかもしれません。

太陽の日差しの角度、道路や隣の窓からの視線などを配慮して建物のポジションを決めていきます。

現在、建物の配置は、だいたい家が敷地と並行に建っていることが多いです。

太陽は、常に動いて角度も変わりますので、その動きをみながら窓の位置を決めたり、軒を出したり、

土地に余裕があれば、建物の角度を変えたりすることをお勧めします。