腐るのは悪いこと?

July 25, 2017

山ぼうしの樹にある「かえるファーム」の野菜たち。

 

農薬や化学肥料など一切使用せず、自然まかせに育てています。

 

今年は、トマトが特に豊作でした。

 

野菜だけでなく、肉や魚など、私たちが毎日食べているものは

ほとんど腐ります。

 

なぜ食べ物は腐るのでしょうか。

 

調べてみると、有機野菜・自然農法野菜・農薬野菜では腐り方が違うそうなのです。

 

そして、自然農法野菜に関しては「腐らない」ともいわれています。

 

それは、自然のものは「腐る」のではなく「枯れる」からだというのです。

 

腐るのは、そこに腐朽菌がいるからです。

 

木材も、腐朽菌が入らなければ、とても長い間状態を維持してくれます。

 

では、腐るのは悪いこと?なのでしょうか。

 

食べ物が腐るのは、自然界に戻るためです。


自己分解酵素やバクテリアの力によって腐り、最終的には土に還ります。

 

物は腐って当然なのです。腐るから自然に戻れるのです。

 

そう考えると、腐ることもありがたいことに思えますね(*^-^*)

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload