ヤマガラがやってきた!

September 20, 2017

暮らしの中で、ちょっと意識してみると、たくさんの自然を感じることができます。

 

そして、その中で、ヒトの暮らしだけでない、虫や鳥たちの暮らしも垣間見ることができます。

 

今日も、北側のデッキの方で、カサコソ、何かが動いていました。

 

あっ!

 

枝の隙間から、ぴょこんと顔を出したのはヤマガラです。

 

 

ヤマガラの大好きなエゴの実を食べにきていたようです。

 

一匹ではなく、4・5匹います。

 

その可愛らしい姿と、上手にエゴの実をくわえていく姿、仲間同士お話しているような光景に微笑んでしまいます。

 

すぐ近くでヒトが見ているのに、動じない様子にも驚きます。

 

ヤマガラは警戒心があまりないので、なんと手に乗ってくることもあるとか。

 

憧れます・・・。

 

エゴの実は果皮が有毒なのですが、上手に皮をむいて種子だけ食べるそうです。

 

大きさはスズメくらい、オスもメスも同色です。

 

留鳥なので、一年中日本にいる鳥だそうです。

 

鳴き声は、「ツイッ、ツイッ、ニーニー」「ビィービィービィー」と鼻にかかったような声で地鳴きします。さえずりは「ツーツーピー、ツーツーピー」と繰り返しゆっくりした鳴き方です。

 

鳥がやってくるのは、食べ物となる虫や果実などがあるからです。

 

それらは、安全でなければいけません。

 

私たちが食を無農薬のものを選んだりするように、鳥や虫などの生き物たちにとっても

安全な食事をしてほしいですね。

 

元気な赤ちゃんを産んで育てたり、友達や家族と楽しく会話したり。

 

生き物たちの世界も、きっと私たちヒトの暮らしとあまり変わらないのではないかなぁ。

 

しあわせな生活でありますように。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload